漏水調査

調査対象施設
大規模施設(工場・大型店舗・マンション・学校等)・一般住宅・公道等、どんな施設・場所でも調査可能です。
調査対象施設
給水管、給湯管、消火管、送配水管、農水管など管種・口径・材質に関係なく調査可能。

エアー式調査

通常水圧の代わりに配管内に圧縮空気を充填します。
圧縮空気は安全で安価に施工可能な上、漏洩した音が水よりも伝達しやすいため、より短時間での調査が可能となります。
消火配管の漏水では湿式・乾式どちらにもエアー式調査を推奨しています。(充填圧力: MAX 1.0Mpa)

音聴調査

音聴棒・漏水探知器を使用し、調査員が直接音聴することにより漏水音を捕捉します。
騒音等に影響されやすいため調査員の経験と技術が一番重要になってくる作業といえます。

多点式相関調査

消火栓・制水弁等に、センサーロガを同時設置し、複数の漏水位置を同時に検知します。
回収したセンサーロガを専用ソフトウェアに連結し、デジタル数値と相関グラフにより分析。漏水位置を特定します。データは保存可能で、漏水箇所特定の裏付け資料として報告書に添付し提出できます。

パイプロケーター調査

配管に接続した親機から電流により磁界を発生させ、地上から子器によって受信し、配管路及び埋設深度を精確に検出します。給水・給湯管をはじめ、消火管・ガス管・NTT光ケーブル・電気線を調査できます。
また、下水管カメラ調査時に専用のセンサーを同時挿入することで下水管破損箇所の位置及び深度を地上から検出できます。

ボーリング調査

漏水音発生箇所の路面上をハンマードリル(径19㎜)にてボーリングし、地中配管近くまで音聴棒を挿入し直接漏水音を捕捉することで、より精確な漏水ポイントを検出します。

保守・点検業務

漏水の発見が遅れると高い水道料金の支払いや路面陥没による2次的災害の発生も考えられます。
とくにマンションや学校では発見が遅れると大事故につながる危険性もあることから、早期の予防が必要です。
当社では漏水を未然に防ぐために定期的な保守・点検業務も行っております。

メールでのお問合せ